院長ブログ

2024.05.17更新

 このところGHによる治療(自費)についてお問合せがあるのでお答えします。私どもの内分泌外来では低身長(背が伸びない)のお子さんの診療を多く行っています。低身長の原因はいろいろあって、それを診断するのがこの外来の主な目的です。低身長のお子さんのうち、成長ホルモン(GH)の分泌不全による方は約1割程度です。こういうお子さんが保険によるGH治療の対象となります。
 この診断基準は次のようになっています。まず低身長(-2SD以下)があること。背を伸ばすホルモンであるIGF-1(ソマトメジン)が低値で、骨年齢が暦年齢よりも遅れていることなどです。そしてGH分泌負荷試験でGHの反応が一定レベル以下であることが保険診療による治療の条件となっています。保険診療であれば治療費はかかりません(愛知県では大部分の自治体では18歳まで)。
 このようにGH治療は原則保険診療で行いますが、一部例外があります。低身長がありIGF-1低値や骨年齢の遅れなどはあるのですが、GH分泌負荷試験でGHの反応が低いものの、一定の基準を満たさないことがあります。こういったお子さんは自費のGH治療で背が伸びる可能性があります。ただしGHは高額となります。体重によりますが月に数万円から10万円を超すこともあります。保険診療でもGH治療で良く身長が伸びるのが開始1年から2年目になりますので、自費診療の場合も治療はこの期間(最大2年まで)となります。
 GH治療(自費)の効果は個々で違いがありますので、ご希望の方はまずご相談下さい。

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.05.07更新

 乳幼児に接種される「四種混合」がこの春より「五種混合」に変わります。四種混合はD:ジフテリア、P百日咳、T:破傷風、IPV:ポリオのワクチンの総称です。百日咳は乳幼児で強い咳が続きます。ポリオは現在日本ではほとんどみられませんが、海外から持ち込まれる可能性があります。罹患すると四肢に麻痺を起こすことがああり、ワクチンで予防するしかありません。
 この「四種混合」にHibが加わったものが「五種混合」です。Hib感染症はインフルエンザ菌b型によるもので、乳幼児に髄膜炎などの重篤な感染症を引き起こします。生後2か月より接種を開始し、約1か月の間隔で3回接種します(初期接種)。この1年後に追加接種を行います。副反応として発熱などがありますが、重篤なものはありません。すでに「四種混合」を開始したお子さんは、ひき続きこれと「Hibワクチン」を別個に接種します。

 追加説明:従来は経口生ポリオワクチン(OPV)を行っていましたが、現在は不活化ポリオワクチン(IPV)になっています。

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.04.17更新

 初診の予約は原則として電話でと先日お伝えしました。「低身長」や「思春期早発」で診察を希望される方には、これまでの成長の記録を持参していただくことをお願いいたします。具体的には母子手帳、幼稚園(保育園)、小学校での記録などです。小学校では毎年春(5月か6月くらい)に身体計測が行われますので、それをお持ち下さい。また他の病院やクリニックを受診されている方は、そこでのデータ(あるいは紹介状)を示していただけると参考になります。肥満や夜尿症の方も成長の記録は参考になりますので、できるだけご持参ください。

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.04.12更新

 4月4木曜日の午後鶴舞公園の桜を見に行ってきました。桜はほぼ満開で多くの人が出ていました。コロナの流行中に減っていた花見客も以前の水準に戻ってきように感じます。公園内には限「ソメイヨシノ」を中心に約750本の桜が咲きほこっています。公園側によると「一つの芽から咲く花の数が例年より増えた」ようです。

さくら1さくら2

 

この桜の時期にはいろいろな露店が出るのですが、郡上八幡の鮎はほぼ毎年楽しみます(特に子持ち鮎)。この露店も新しい店があり、以前よりも多くなったように感じます。「花より団子」と言いますがむしろ「花も団子も」ですね。あゆ全体あゆ大

 

公園内にある「萩の茶屋」で。ここの名物の木の芽田楽も楽しみの一つです!後方が名大病院です。この名大病院には足かけ20年勤務しました。前半は常勤医員として後半は非常勤講師として外来や授業を担当しました。上條名大

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.04.10更新

当クリニックでは原則として、一般外来、専門外来、予防接種などは予約制となっています(電話、WEBなど)。初診については、患者様の状態、情報などを把握させていただくため、原則として電話でお受けしています(昼休みの時間帯も対応しています)。ご了承よろしくお願いいたします。

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.03.25更新

 現在私どものクリニックでは医療事務のできる方を募集しています(非常勤)。約3時間を1コマとして、週に3から4コマくらい勤務していただけるとありがたいです。仕事の内容は受付、次回の予約、電話対応などです。点数の計算やレセプトの作成などは専門的な知識が必要なので、徐々に覚えてもらえればと思います。最初の1年くらいは医療事務見習いとして勤務していただきます。
 時間給ですが1100円となります。平日(木曜日を除く)の午後6時より200円増加となります。また土曜日の午後1時からも同様に200円増加となります。お子さん(小学生、中学生)のある方でも勤務していただけるかと思います。その他の問題に関しては個々に対応させていただきます。また医療事務の経験のある方には1100円より高い時間給を設定いたします。

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.03.22更新

 麻疹(はしか)にかかると1.発熱(二峰性)2.全身の発疹 3.リンパ節の腫脹(頸部、後頭部)4.結膜の充血 などがみられます。乳幼児が罹患すると発熱が続くため入院治療が必要となることがしばしばあります。日本ではMR(麻疹、風疹)ワクチンが普及して、2015年3月に「麻疹の排除状況」と認められました(WHO)。ところが昨年より世界的にも麻疹の増加がみられ、今年に入って日本でも感染者が報告されるようになりました。この原因の一つとして、コロナ禍で麻疹ワクチンの接種率が下がったこともあるかと思います。
 麻疹(はしか)には根本的な治療法はなく、予防接種で対処するしかありません。日本ではMRワクチンが1期(定期接種) 生後12-24か月、2期 5-7歳 で行われています。具体的には1歳になった時点と、小学校入学前に接種しています。この接種率が1期はかなり高いのですが、2期がやや低い傾向があります。なので限「小学校入学前にMR2期の接種」を確実に済ませましょう。
 このMRワクチン接種は世代により違いがあります。平成12年(2000年)4月よりMRワクチンが2回接種となりました。現在23歳以下の方はこの対象となっていますが、それ以上の年代の方はこのワクチンを1回のみ、あるいは全くしていないこともあります。こういう方は麻疹の感染に気を付けましょう。麻疹の感染力はとても強く、すれ違っただけでも移ってしまうと言われています。
 MRワクチン希望の方は有料(任意接種)でできますが、現在希望者が多く、品薄のようです。

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.03.04更新

女児が思春期になると胸のふくらみ(乳房腫大)がみられます。日本では平均10歳です。この乳房腫大は家族(母親)や学校検診でもわかりやすいですね。低身長の女児では思春期の発来が遅れる傾向(1-2年くらい)がありますが、一部の女児ではこれが遅れずに、あるいは早期に見られることがあります。これらの低身長女児は適切な治療をしないと、最終(成人)身長が140-145cmとなることをしばしば経験します。ですので低身長の娘さんを持つ親御さん(特に母親)は娘さんが小学校2~3年生くらいで乳房腫大がないかどうかをよく観察していただきたいと思います。本来は学校検診で見つかるべきなのですが、時々見落とされていることがあります。これは学校検診にあたる医師が必ずしも小児科医師でないことや、養護教諭にこのような情報が届いてないことも原因の一つかもしれません。
 乳房腫大が7歳半より前に見られる場合「思春期早発症」が疑われます。ただ8歳以降に乳房腫大が認められる場合はこの定義には当たりませんが、最終身長が低くなることは同様ですので注意が必要です。こういうお子さんがありましたら、私どものような小児内分泌の専門医に相談していただくと良いかと存じます。この専門医は愛知県では約10名が認定されています。名古屋市と春日井市、それとこども病院のある大府市を中心に活動をしています。三河地方では豊橋市と豊田市に専門医がいます。
 思春期早発症あるいはそれに近い状態と診断されると、性腺抑制療法が行われます。リュープリンという薬剤を月に1回注射します。2年間くらいこの注射することが多いと思います(保険診療)。治療効果ですが、最終身長を3-5cm程度改善させることは期待されます(骨年齢が11歳未満で治療を開始した場合)。またこの原因の大部分は「特発性」と言って何らかの理由で脳下垂体が早期に思春期レベルに達するためと考えられています。一部の原因として脳腫瘍などによる「器質性」もありますが、女児では男児に比べて少ないことがわかっています。ただ女児でも4-5歳以前に発症した場合注意が必要です。
 女児の思春期早発症は早期に発見できれば、治療により最終身長がかなり改善できます。できれば家庭でお母さんが娘さんの乳房腫大に気づいていただくことが大事なことと思います。小学校5年生くらいで生理(初潮)がはじまり、驚いて受診されるお母さんがありますが、この時点では骨年齢が11歳を過ぎていることが多く治療の対象となりません。こういう娘さんは小学校3年生くらいで乳房腫大がみられたかと思われます。その時点で受診していただいてたら、治療ができた可能性があったのですが。

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.02.19更新

 私どものクリニックでは、小児内分泌疾患の診療を専門しているため、低身長(背がびない)のお子さんの相談をよくお受けします。それらの患者さんの約8-9割くらいは、ホルモンなどの異常がない体質性低身長症(いわゆる小柄)と診断されます。これらのお子さんには薬物療法の適応はなく、食事(蛋白質)、十分な睡眠、適度の運動などが重要です。これに関しては以前の院長ブログに書かせていただきました(2021年4月9,16,21日と5月17日)。
 この体質性低身長のお子さんが思春期に達した時(女児10歳、男児11歳)に背が平均よりも低い場合最終(成人)身長も低いことが知られています。具体的には、11歳で思春期に達した男児で身長が135cm以下の場合、最終(成人)身長が160cmに達しないと推定されます。
 こういった男児に蛋白同化ホルモン(プリモボラン)を内服することで身長を5cm程度伸ばすことが可能です(全例ではありませんが)。これについても以前の院長ブログに載せさせていただきました(2020年3月23日:低身長で思春期に達した男児について,2020年4月27日: 蛋白同化ホルモンについて)。
 これまでに450名以上の男児にプリモボランの内服をしていただきましたが、最終身長が160cmに達する男児が多くみられます。その1部では165cmを超える男児も出現しています。この治療は自費診療となりますが、薬代としては月に1万円以内となります。このようなお子さんがありましたら、小児内分泌外来(上條)でご相談下さい。

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

2024.02.14更新

 花粉症についてはこの院長ブログで以前も書かせていただきましたので、ご参照下さい。

  2021年 3月 10日     こどもの花粉症

  2022年 3月 28日     花粉症とコロナ感染症 1,2

花粉症の対策としては、外出後の鼻うがい(生理的食塩水)が効果的です。睡眠(6-7時間以上)で免疫力を高めることも重要です。また野菜や果物でビタミンCを摂ることもおすすめです。特にブロッコリーはビタミンCのほかに抗酸化物質も多く含まれているので(指定野菜)、近年注目されています。

 

投稿者: なごやかこどもクリニック

前へ